HartDesign

ONLINE SHOP

ハートデザインは管理釣り場でのトラウトフィッシングや海のライトゲームで大活躍するルアー(フェザージグ)を扱っています。

フェザクラ

【特徴】

今までのフェザージグの概念とは全く異なるコンセプトを持ったフェザーの登場です!

フェザクラはハードルアーにも負けない強烈な波動を出すことができるフェザーです。

通常のフェザージグは波動が弱くリアクション効果が低いため、魚の食性が落ちている場合などにはバイトさせることが難しい場合があります。

そういった通常フェザーでの攻略が難しいシチュエーションで活躍できるのがフェザクラです。

通常のフェザーでは反応が鈍いようなときにこそ本領を発揮しますので状況をうまく見極めて効率良くローテーションの中に組み込んでください。

フェザクラは表層付近の早い展開の時には特に効果的です。

あとは自然湖のような広いエリアでアピール力が必要な時にも効果的です。

一昔前まではフェザージグというものはハードルアーではどうにもならないようなときのための「お守り」的な位置づけだったかもしれませんが、フェザクラは「守り」ではなくこちらから「攻めていく」というコンセプトになっています。

そういう意味ではフェザクラはハードルアーとフェザージグの中間のような存在とも言えるかもしれません。

ハードルアーでもダメ、通常のフェザーでもダメ、そんなときに「パターンフェザクラ」とも言えるような圧倒的な場面がありますので、状況をうまく見極めて使いこなして頂ければと思います。

フェザクラがもたらす新たなフェザーフィッシングの可能性を是非体感してみてください。



【リアフックシステム】

基本は後ろからのバイトになりますので追従バイトのフッキングを上げるためにリアフック仕様にしています。

単にリアフックにしただけではフッキング性能が悪かったのでフックの取り付け方、フック形状、ファーの長さ、などの全体バランスを試行錯誤して今のバランスにしています。

出荷時はフックは上向きにセットしていますが状況に応じて下向きに変えてください。(以前は下向きにセットしておりましたが上向きに変更しております)

※替えフックもオンラインショップで販売しています。



【使い方】

基本的な使い方はひたすら一定に巻いてくるだけでOKです。

表層のサイトで釣る場合は魚との距離感やスイッチの入り具合を見ながら徐々に速度とレンジを上げてバイトに至らせることも効果的です。

バイトがあっても竿でアワセずにそのまま乗るまで巻き続ける方がいいことが多いです。

一回で乗らなくてもそのまま一定に巻き続けることで追いかけて何度もバイトしてくることもあります。

※ラインとの結束は直結ではなくスナップをご使用ください。



【注意点】

カップは変形しやすいのでスプーン用のワレットには入れないようにしてください。

ケースに入れる場合もなるべくカップが変形しないように収納してください。

カップが変形すると泳ぎのバランスが崩れる場合があります。

※収納例↓

①100均などに売っているケースにスポンジ(窓の隙間テープなど)を貼ってカッターなどで切れ目を入れます。

②その切れ目にフェザクラのシャフト部分を挟んで固定します。

※フェザクラ同士の干渉もしないように隣との隙間もしっかり確保してください。

特に真夏の炎天下などではカップがどこかに干渉していると変形しやすくなりますのでご注意ください。

熱に非常に弱いので洗った後にドライヤーを当てて乾かすことも絶対にしないでください。

※多少の変形の場合はお湯につけながら指で形を整えることで元に戻ります。



※天然素材のファーを使用しているため多少の個体差が生じることをご了承ください。

↓大きさの目安(1cmマス)

【ウェイト】1.7g、2.7g



【参考動画】







■フェザクラの販売ページはコチラから↓

カラーバリエーション

チャート

ベージュ

ライトオリーブ

ダークオリーブ

ブラック

ホワイト

サーモンピンク

ダークブラウン

ライトブラウン

オレンジ

»ONLINE SHOP

製品一覧

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system