HartDesign

ONLINE SHOP

ハートデザインは管理釣り場でのトラウトフィッシングや海のライトゲームで大活躍するルアー(フェザージグ)を扱っています。

製作者プロフィール

名前:Hart(石川隼人)

誕生日:1979年12月23日。

血液型:A型

利き手:左利き

製作者紹介

中学生の頃にバス釣りを覚え、そこからソルト(シーバス、タチウオ、青物)にハマっていった。

20代後半に管理釣り場の釣りに出会う。

管釣りを始めるまでは「菅釣り=釣堀=釣れて当たり前」というイメージが強く、 ずっと大自然の海を相手にしていた自分にとっては少々とっつきにくい世界だったのだが、初めて行った管理釣り場でそのゲーム性の高さを知った。

もちろん釣堀なので自然の魚より簡単に釣れるのは当たり前なのかもしれないが最初の印象としては「思っていたほど簡単には釣れないな」という印象だった。

釣堀なので魚は確実にいるのだが、その中にはなかなか口を使ってくれない魚も多く存在し、 より多くの釣果を上げるための方法をいろいろと考えていく内に気付けばどっぷりとハマっていた。

そして日々テクニックやルアーの研究をしていくうちにフェザージグという存在に出会いその魔力に一気に引き込まれていった。

そしてさらなる釣果を追求していくうちについには自分でオリジナルのフェザージグを作るようになっていった。

現在は日々フェザーのメカニズムを研究し、さらなる釣果を追求しながら釣りを楽しんでいる。




フェザージグへの想い

管釣りの世界というのは数ある釣りの中でもすごく特異な世界だと私は感じています。

まず魚がいることが大前提という釣りなので、この世界では結果(釣果)よりもプロセス(釣り方)にこだわる人が 他の釣りに比べて非常に多い気がします。

その中でも私が一番感じたことは使うルアーに関してのこだわりです。

私が海でシーバスや青物を狙っていたときは僅かな可能性の中からいかにして結果(釣果)を出そうかということを ずっと考えながら長年やってきたので、プロセスよりも結果を重視するスタイルでした。

しかし管釣りではある程度は釣れて当たり前という世界なので単に釣果だけを狙っても面白くないという方もたくさんいます。

もちろんプロセスを楽しむことも釣りの醍醐味の一つでもあります。

管釣り以外の釣りでもそういう考えの方もいますからね。(このルアーしか使わない!みたいな)

ただ私は管釣りでも「ルアーを縛らず、様々なルアーを駆使して釣果を追求する」というスタイルで楽しんでいました。

その時の状況に一番マッチしたルアーを選択することも釣りの腕だという考えだからです。

極めればルアーはエサよりも釣れるとさえ思っていますし、そうなるために日々技術を磨いています。

私自身も昔は海で餌釣りをしていたのですが、初めて海の魚がルアーで釣れるということを知ったときはかなりの衝撃を受けたのを今でもハッキリと覚えています。

始めはシーバスだったのですが、そのときは「餌代がかからずにおいしいスズキが釣れるんだ!」という感じでしたね(笑)

そこからはルアーでいかにエサ釣りより多くの釣果を得られるかというところを目指すようになりました。

ハードルアーからワームまでいろんなルアーを駆使し、時にはルアーに細工を施したりしながらあの手この手で釣果を導いてきました。

そんなスタイルの私でしたので、当然管釣りの世界に入ってからも同じように「いかにしてより多くの釣果を出すか」ということを追求するのは必然でした。

そんな中で出会ったのが「フェザージグ」だったのです。

フェザージグとは一般的にジグヘッド(オモリのついた針)にいろんなフェザー(毛)を巻いたフライのような物を指します。

フェザーはスプーンやプラグなどのルアーに比べると初心者の方でも比較的簡単に釣果をもたらすことができる性質を備えていると私は感じています。

もちろん状況によっては他のルアーの方が抜群に良い結果を出すことも多々あるので一概には言えないのですが…。(このあたりがルアー釣りの醍醐味でもあります)

しかしフェザージグの性質や特徴を正しく理解し、上手に使うことができればハードルアーでは出せないような爆発的な釣果を得ることができるルアーだとも私は感じています。

しかしこの素晴らしいルアーにも弱点があります。

管理釣り場にはレギュレーション(ルール)というものが必ずと言っていいほど存在します。

レギュレーションは釣り場によって違うのですが、大体どこでも使えるルアーはスプーンやクランクなどです。

逆にフェザージグは管理釣り場によっては禁止されている場所もあったりします。(全然OKな場所もたくさんあります)

レギュレーションはそこの釣り場のオーナーさんが決めることですので仕方のない部分ではあるのですが、フェザーをOKにしている釣り場のオーナーさんは初心者にも優しい考え方の人が多いです。

なので釣行の際は必ずレギュレーションをチェックしてから行ってください。

それとフェザーフィッシングはハマれば凄まじい釣果をはっきすることもありますが、やはり疑似餌である以上は奥の深さもあります。

同じフェザージグを使っても上手に使いこなす人とそうでない人では確実に釣果に差は出てくるのです。

むしろ状況によってはスプーンや他のプラグなどの方が良いときも多々あります。

特に最近はありがたいことにHartDesignも多くの方に認知され、フェザーフィッシングを愛する方々も増えてきました。

そして同じ釣り場で同じフェザーを投げる人の割合が増えることでテクニックの差が顕著に出てきます。

1日中フェザーだけを投げ続けていればかなり工夫しなければ釣れない時があることもフェザーを研究していくと分かると思います。

そういったフェザーの奥の深さを是非皆様にも楽しんでもらいたいと思います。

管釣り初心者の方にはいきなりスプーンで悶絶してしまうと二度と管釣りに行きたくなくなる可能性もありますので、まずは釣れることの楽しさを味わってもらいたいと思っています。

そしてそういう初心者の方がいずれ中級者になっていき、さらなる釣果や奥の深さを追求していってもらえるようになってくれれば嬉しいですね。

昔とある管理釣り場で親子連れの方に出会ったのですが、そのお父さんも初心者のようで、一家揃って全くといっていいほど釣れていませんでした。

そしてそこのお子さんがお父さんに「魚持って帰りたいよ~」と泣きそうな声で言っているのを耳にしたときは自分の持っているフェザーをその子の竿についているスプーンと変えてあげたくなったものです。

管理釣り場はゲーム性を追及していく一面だけでなく、そういった初心者の方々を優しく迎え入れてあげる姿勢も菅釣りの楽しさを広めるためには必要なのではないかと私は思っています。

しいてはそれが管理釣り場の業界側から見ても有益になるとも思うのです。

新規参入の方がいなくなれば業界の発展もありえないでしょうから。

釣り場のオーナーの方々にも是非そのあたりのご理解を頂ければ幸いです。

そうした想いで私はフェザーを使って管釣りの楽しさを世の中に広めていきたいと思っています。

それと同時にフェザーの持つゲーム性の高さや奥の深さなんかもどんどん発掘して伝えていきたいと思っています。

そして将来的に「フェザー使いの日本一決定戦」のような大会なんかも開ければ楽しいんじゃないかと思っています。

さらにフェザーフィッシングは管釣りだけでなく、ソルトシーンにおいてもとてつもない可能性に溢れています。

特にライトゲームにおけるメバル・カサゴ・ソイなどの魚にはワームを遥かに凌ぐ釣果を出すこともできます。

様々なシーンでフェザーフィッシングの可能性を今後も追求していきたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いいたします。

ご意見などございましたらコンタクトフォームよりお気軽にメッセージを送ってください。

HartDesign 代表 石川隼人(Hart)

製品一覧

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system