HartDesign

ONLINE SHOP

ハートデザインは管理釣り場でのトラウトフィッシングや海のライトゲームで大活躍するルアー(フェザージグ)を扱っています。

Melty Streamer(メルティーストリーマー)

ボディ形状が非常に柔らかい素材になっておりボディ全体でうねるような波動を生み出します。

テールをやや長く設定し、巻き方にも工夫をしてテール稼動域が少しでも大きくなるようにしています。



【高波動性能】

テールが長いと尻尾の先だけ食われてショートバイトが多発するイメージを持たれる方もいると思いますが、逆にこの長さがあることによって大きなバイトを引き出すことができる場面が多々あります。

また動きが大きく柔らかいということは超スローリトリーブやフォールでもしっかりと波動を出してくれることに繋がります。

可変リトリーブやフィンガーノックなどのアクションに対するレスポンスも良く、超繊細なアクションにもしっかりと動きを表現してくれます。



【高耐久性能】

耐久性が非常に高いボディ素材を採用。

動きの柔らかい素材というのは魚にもむしられやすく耐久性が悪い傾向にありがちですが、メルストに使用しているボディ素材は耐久性の面でもとても丈夫な素材を使用していますので長く使うことができます。

テールは単純に巻き量を多く設定することで耐久性を高めることはできますが、テールにボリューム(巻き量)を増やしすぎてしまうと今度は動きを殺してしまうことに繋がります。

しかしメルストは優れた水流伝達性能と巻き方に工夫をすることでテールのボリュームを少々多くしても動きの良さを確保しています。

なので動きを殺すことなく耐久性を上げることができました。

※ちなみに耐久テストではメルスト1本で100匹以上の魚を釣ることもできました。



【大物捕獲性能】

メルストは管理釣り場でも釣れますが特にソルトシーンでの使用を念頭に設計しています。

その中でもタケノコメバル・カサゴ(ガシラ)・メバルなどのライトゲームにおいてはワームを遥かに凌駕する釣果を叩き出すことが可能です。

特に大型魚に対する反応の良さはワームはおろか餌釣りにも勝っていると実感しています。

現在ソルトのライトゲームシーンではまだまだワームを使って釣ることが主流ですが、それでも少しずつフェザーの威力を体感している人が増えてきております。

この真実が人づてにどんどん伝わっていけば近い将来ロックフィッシュはワームではなくフェザーで釣ることがスタンダードになる日が来るかもしれません。

そんなフェザーの可能性を是非貴方自身の体でも実感してみてください



【フック性能について】

フェザージグは何100匹という凄まじい釣果が得られることも多々ありますのでフックの耐久性はかなり重要になってきます。

世の中にはたくさんのフェザーを使ったルアーが存在していますが、その中には細軸のフックを採用しているものも多くせっかくの大物がHITした際にフックを曲げられてバラシてしまったり、数を釣っていくうちに金属疲労で折れてしまうという悲しい経験を私もしてきました。

なのでHartDesignの製品に採用しているフックは全て強靭な太軸フックを採用しています。

100匹以上釣ろうが60cmオーバーを釣ろうがフックが伸ばされることはそうそうないと思います。

※ただし針掛かりが浅い状態のままでファイトしたり、ドラグ設定によっては伸ばされたり折られたりすることがあるかもしれません。


↓の画像は平均的な大きさです。(1cmマス)おおよその大きさの目安にしてください。



【メルティーストリーマーのテスト釣行Blog↓】




【メルティーストリーマー紹介動画↓】
■ソルトゲームで巨大モンスタータケノコを捕獲!

■管理釣り場『千早川マス釣り場で100匹オーバー!』

カラーバリエーション

ブラック

ブラックゴールド

ブラックレッド

ベージュ

ホワイト

ブルー

ワイン

ダークブラウン

スモークオリブラ

グリーンオリーブ

»ONLINE SHOP

製品一覧

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system